S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「PBL |-15 電化製品の新たな可能性をデザイン」のプレゼンテーションを実施しました。
7月20日(日)13:30から、デザイン棟7-210教室で「PBL |-15 電化製品の新たな可能性をデザイン」のプレゼンテーションを実施しました。
会場には、ドウシシャの社員の方々にお集まりいただき、学生たちは、「新生活」をテーマに、"あたらしい"モノを提案しました。
f0015071_1144155.jpg

f0015071_115528.jpg

緊張感の漂う中、PBL履修学生たちが、自分たちのアイデア、デザインを発表していきました。ドウシシャの社員の方々、坪井先生、松澤先生からは、

  「このデザインは技術的には実現可能だが、低価格での販売はとてもむずかしい」
  「実際に使用している絵があった方がイメージがわくのでは?」
  「すでに同じような製品が存在する。デザインの力で差別化をはかれるか?」


などなど、多くの実践的なアドバイスがなされ、学生たちは熱心に耳を傾けていました。
これから学生たちは、いただいた貴重なご意見を活かし、本社でのプレゼンテーションに向けて準備を進めます。

自分の好きなアイデアを出して、好きなデザインをする。それはとてもたのしい作業ですが、それだけでは、自己満足で終わってしまいます。PBLでは、生産、価格、技術、品質といった様々な要素を考慮し、クライアントを、そして一般消費者を満足させなければなりません。
一人ひとりの学生が、その壁を超え、商品化につながるアイデア、デザインを生み出すことができるようがんばっています。今後もご期待ください。
[PR]
by tamabitokugp | 2008-07-20 20:04
<< 「PBL |-14 桐で家具を... 2007PBL科目「PBL |... >>